■2022年住宅ローン控除はどう変わる?■

前橋市で活動する「前橋市不動産売却専門ナビ 甚不動産相談事務所」です。 本日は「2022年 住宅ローン控除」についてご案内いたします。

■不動産売却(売る)や家探し(一戸建新築&中古)住まい探し(土地など)のお役に立ててください■

20211210日に2022年度税制改正が発表されました。消費税率の引き上げに伴う住宅支援制度と実施されていた「住まい給付金制度」は202112月末までの引き渡し、入居が完了したものが対象とされよていどおり202112月末をもって終了しました。

 

ただし、一定の期間内(新築住宅は2021930日まで、分譲、既存住宅の場合は20211130日まで)に契約を完了している場合においては、引渡、入居期限が20221231日までに延長されます。

 

また、一定の環境に配慮した住宅の購入やリフォーム工事に際して省エネに優れた商品などに交換できるポイントをもらえる「グリーン住宅ポイント制度」についても20211215日でポイント発行申請の受付が終了しています。

 

2022年から改正された住宅ローン控除を調べてみました。

 

詳しくはこちら(住まい給付金制度HP

https://sumai-kyufu.jp/sp/outline/sumaikyufu/index.html

 

詳しくはこちら(グリーン住宅ポイント制度HP

https://greenpt.mlit.go.jp/

 

住宅ローン控除(減税)とは、正式には「住宅借入金等特別控除」といい、広く国民が住宅を取得できるように、住宅ローンを借りる際に支払う金利負担を軽減するために設けられた減税制度です。

 

 

住宅の建築、購入、リフォーム、またその取得資金を住宅ローンでまかなった場合に、その居住開始後の年末借入残高に対して0.7%分が所得税と住民税から減税されます。

住宅ローン控除の内容と条件(2022年1月以降居住開始)

住宅ローン控除は所得税と住民税を直接減税

202211日以降に住宅の取得や居住を開始した方の住宅ローン減税は、以下のような内容になります。

 

住宅ローンの年末残高に対して0.7%の減税

控除期間13年間

住宅ローンの返済期間が10年以上あり、年末時点の残高に対して0.7%の所得税が減税されます。

所得税から引き切れないときには、住民税から減税します。

住民税から減税できる金額には上限があり、所得税の課税総所得金額等の5%(最高9.75万円)までとなります。

例:住宅ローン残高:2,000万円、所得税:10万円/年の場合

→減税額:2,000万円×0.7%=14万円

内訳)所得税から10万円、住民税から4万円

 

控除期間は13年間で、要件を満たせば13年間にわたって減税を受けることができます。

住宅ローン控除が受けられる条件

・住宅ローンの返済期間が10年以上

・自ら居住

 

・床面積50㎡以上(マンションの場合では、専有部分の床面積(登記簿上)で判断、階段や通路といった共用部分は含まれません。)

・居住用割合が1/2以上

・合計所得金額2,000万円以下

 

詳しくはこちら(国土交通省HP

https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk2_000017.html

 

注意:住宅ローン減税を簡単に書きましたが、くれぐれも個人差がありますので詳細はお近くの税務署にお問い合わせください。

 

そのほかにも住宅性能や入居時期によって控除額が変わってくるようなので購入時期も考えないといけないようです。

ぜひ、今後の不動産売却や家探し(一戸建新築&中古)住まい探し(土地など)のお役に立ててください!

「無料査定実施中」前橋市と伊勢崎市の不動産売却専門ナビ 甚不動産相談事務所では「不動産購入(買う)、不動産売却(売る)、高価買取」についてのご相談も承っております。失敗しない不動産「買う」・不動産「売る」ために、お気軽にご相談ください。

ー JIN group ー

 

●JINOFFICe株式会社    本社●

〒379-2152 群馬県前橋市下大島町742-3

 

●甚不動産相談事務所●

無料通話0120-864-441各店舗共通

◆前橋OFFICE      

〒379-2152群馬県前橋市下大島町742-3     

◆伊勢崎OFFICE     

〒379-2212群馬県伊勢崎市堀下町1298-20 

 

●合同会社koncept●      

〒371-0844群馬県前橋市古市町一丁目11-12ヒラタビル2階