■太陽光パネルが義務化!?■

前橋市で活動する「前橋市不動産売却専門ナビ 甚不動産相談事務所」です。 本日は「政府で太陽光パネルの設置を義務化する検討」についてご案内いたします。

■不動産売却(売る)や家探し(一戸建新築&中古)住まい探し(土地など)のお役に立ててください■

新聞やテレビで太陽光パネルの設置が義務化されるニュースをみました。

太陽光パネルの義務化は、2021(令和3)年810日に政府が検討するという方針を示しただけになっています。

2030(令和12)年までには新築住宅の6割に太陽光パネルを設置することが目標で、有識者の検討会で大筋は了承され文書に盛り込まれました。

政府が検討を開始しただけであって、設置費用の負担をどのように減らすかなどの問題があります。

 

政府で太陽光パネルの設置を義務化する検討され始めましたが、義務化されるかはまだ決まっていません。

 

また、公共施設を建設する際にも太陽光パネルの設置を義務化する検討もされていますが、

こちらもいつから義務化されるかは決まっていません。

 

では太陽光パネルをいつ導入した方が良いのでしょうか。

太陽光発電で生じた余剰電力には買取制度があります

ソーラーパネルで昼間に発電され、自宅で消費して残った電力を余剰電力といいます。

余剰電力は蓄電池を持っていないかぎり貯めておくことができないので、発電された瞬間に使い切られなかった分を、

自宅につながっている送電線から電力会社に対して逆に送り、買い取ってもらうことになります。

これを「売電」といいます。

 

こうした太陽光発電による余剰電力をはじめ、再生可能エネルギー(風力や地熱など)で発電された電力は、

電力会社がきまった価格で買い取る制度が国によって定められています。

いわゆる固定価格買取制度(FiT)です。

 

ただし、太陽光パネルで発電された電気を買い取ってくれる固定価格買取制度の売電価格は年々下がっています。

 

固定価格買取制度が始まった2009(平成21)年の売電価格は、1kWhあたり48円でした。

そのあとは、毎年12円ずつ下がり、2021(令和3)年度の売電価格は、1kWhあたり19円にまで下がりました。

2022(令和4)年も売電価格は下がることが決定していて、その金額は1kWhあたり17円との事です。

 

 

2022年以降も売電価格は下がる見込みなので、太陽光パネルを付けるのであれば売電価格が少しでも高い間に設置した方がお得なのかもしれません

電気代の節約

太陽光パネルを設置するメリットは、売電収入を得られることと電気代の節約ができることです。

オール電化を設置されているご家庭では、深夜電力が安くなる分昼間の電気が高くなる料金プランになっています。

電気代の高い昼間に家で過ごす時間が多い家は、電気代は高くなるので不向きです。

 

ここ数年は、原油価格高騰の影響を受けて各電力会社とも電気代を値上げしている状態です。

 

自分で電気代の節約するには限界があるので、太陽光パネルを今から設置して今後上昇すると思われる電気の節約に役立てのはいかがでしょうか

太陽光パネルの向き

太陽光パネルを設置するときは、日当たりが良い南面に設置するのが基本ですが、

義務化されることによって本来太陽光パネルの設置に適していない自宅にもこれから設置する可能性は出て来ます。

南面以外に設置すると発電量は落ちますし、北面に設置すると反射光など近隣住民とのトラブルになる可能性も高くなります。

 

 

実際には太陽光パネルの義務化の時期はまだ確定しておりませんが現在電気代を値上げなど今後も続きそうなので導入を考えてみようと思いました。

ぜひ、今後の不動産売却や家探し(一戸建新築&中古)住まい探し(土地など)のお役に立ててください!

「無料査定実施中」前橋市と伊勢崎市の不動産売却専門ナビ 甚不動産相談事務所では「不動産購入(買う)、不動産売却(売る)、高価買取」についてのご相談も承っております。失敗しない不動産「買う」・不動産「売る」ために、お気軽にご相談ください。

ー JIN group ー

 

●JINOFFICe株式会社    本社●

〒379-2152 群馬県前橋市下大島町742-3

 

●甚不動産相談事務所●

無料通話0120-864-441各店舗共通

◆前橋OFFICE      

〒379-2152群馬県前橋市下大島町742-3     

◆伊勢崎OFFICE     

〒379-2212群馬県伊勢崎市堀下町1298-20 

 

●合同会社koncept●      

〒371-0844群馬県前橋市古市町一丁目11-12ヒラタビル2階