相続の問題です!!

前橋市で活動する「前橋市不動産情報館 甚不動産相談事務所」です。本日は「相続の問題」についてご案内いたします。

Aが死亡し、相続人がBとCの2名であった場合に関する次の記述は、民法の規定及び規約によれば、正しいか?

Q:Aの死亡後、いずれもAの子であるBとCとの間の遺産分割協議が成立しないうちにBが死亡したときは、Bに配偶者Dと子Eがいる場合であっても、Aの遺産分割についてはEが代襲相続人として分割協議を行う。

〇か×か?

A:答えは×です。  相続人の子が代襲相続人となるのは、相続の開始以前に死亡したときである。本問では相続が開始しているからC・D・Eの三人で分割協議を行う。

 

本来、相続では配偶者・子・親・兄弟姉妹と法律で決められた法定相続人がいます。

 

この相続人が被相続人より先に亡くなっている場合に、被相続人からみて孫・ひ孫・甥姪等が相続財産を受け継ぎ相続すること代襲相続といいます。

 

 

 

相続とは当事者になってみて状況を判断する事が多いので、あまり聞きなれない言葉も多いかと思います。この問題は宅建士の試験問題に出てくるのですが、タイミングが違うと、手続きも変わってくるものです。

 

 

 

次に、相続では被相続人に子供がいる場合は必ず相続人となるのですが、では、まだ生まれていない胎児の相続はどうなるのでしょうか?

 

 

 

正解はまだ生まれていなくても胎児は父母が亡くなった場合にはその遺産を相続することが可能となります。

 

もちろん生まれて間もない赤ちゃんに判断する能力はないので、遺産分割協議をする際には特別代理人を選任する必要がありますが、胎児は相続については既に生まれたものとみなす。ということが民法886条にあります。

 

 

 

実際にご自身がそんなタイミングに遭遇してもわからない事だらけだと思います。

 

 遺産分割協議書などを作成する場合は、行政書士や司法書士の先生にお願いする事が多いと思いますが、ご自身の場合はどんなことが想定されるかという事がわかるっているだけでも、お続きするのに時間短縮できる事も多いかと思います。

 

 

 

よく相続では揉めることが多いと聞きます。相続で揉めることのないよう、こういった事も知っておいていただけたらと思います。

 

前橋市不動産情報館 甚不動産相談事務所では「相続」についてのご相談も承っております。 失敗しない不動産購入・不動産売却のために、お気軽にご相談ください。

 

【お問い合わせはこちら】

 

前橋市不動産情報館 甚不動産相談事務所

 

無料通話0120-864-441 TEL027-226-6751 当店HP http://jin-office.jp/

 

●JINOFFICe株式会社    本社●

〒379-2152 群馬県前橋市下大島町742-3

 

●甚不動産相談事務所● 

無料通話0120-864-441各店舗共通

◆前橋OFFICE      

〒379-2152群馬県前橋市下大島町742-3     

◆伊勢崎OFFICE     

〒379-2212群馬県伊勢崎市堀下町1298-20