欠陥・トラブル・相続

先日、「所有者不明土地等対策の推進のための関係閣僚会議」が開催されました。 同会議では、「所有者不明土地等対策の新たな基本方針と工程表が決定」されました。 所有者不明土地の問題としては、土地の管理がされず環境が悪化すること、地籍調査がストップしてしまうこと、隣接地のライフラインの設置等に支障が出ること、といったものが挙げられています。 こうした事態の引き金になるのが、登記手続きの放置です。

全国の空き家率の増加が問題となっていますが、国や自治体、様々な企業がその解決方法を模索しています。 空き家問題の根底にある課題のひとつは、空き家の資産性です。 空き家が発生する最大の要因は相続と言われています。 相続した不動産が、売ることもできず、貸すこともできず、また相続手続きをするにしても費用倒れになってしまう、といった要因が重なると、仕方なく放置されてしまう、ということになります。 もしその不動産に資産価値があれば、つまり簡単に現金化できる価値があれば、放置されるといったことはないでしょう。 現金化できない理由は、需要がないことが一番です。 買い手がいない、借り手もいない、という状況です。

●JINOFFICe株式会社    本社●

〒379-2152 群馬県前橋市下大島町742-3

 

●甚不動産相談事務所● 

無料通話0120-864-441各店舗共通

◆前橋OFFICE      

〒379-2152群馬県前橋市下大島町742-3     

◆伊勢崎OFFICE     

〒379-2212群馬県伊勢崎市堀下町1298-20