契約関係・欠陥・トラブル

■「家庭裁判所の許可」が必要な不動産取引■
今回、ある販売広告に「家庭裁判所の許可が必要」という記載がありました。 不動産取引で家庭裁判所の許可が必要なケースとは、どういった場合でしょうか。 不動産の取引で家庭裁判所の許可が必要となるケースは、たいてい本来の所有者が取引を行えず、代理人が取引を行う場合です。 想定されるケースの一つは、ご本人が認知症などにより契約などの判断ができないという状態です。 この場合には、「成年後見人(又は保佐人や補助人)」という代理人と契約を行うことになります。 次に・・・

不動産購入や賃貸を検討されている場合、「事故物件」という言葉をお聞きになったことがあるかもしれません。 火事や事故・自殺などが発生したことのある不動産などが「事故物件」と呼ばれます。 有名なところでは「大島てる」という事故物件公示サイトでは、過去に事故や事件があった情報などが公開されています。

●JINOFFICe株式会社    本社●

〒379-2152 群馬県前橋市下大島町742-3

 

●甚不動産相談事務所● 

無料通話0120-864-441各店舗共通

◆前橋OFFICE      

〒379-2152群馬県前橋市下大島町742-3     

◆伊勢崎OFFICE     

〒379-2212群馬県伊勢崎市堀下町1298-20