不動産取引ガイド

■「東京脱出」した人はどこへ?■
先日のニュースで「東京脱出」した人はどこへ?というタイトルがありましたのでご紹介します。 東京23区からの転出者が増えた市区町トップ30が発表されました。 新型コロナウイルスの感染拡大で東京23区からの転出者増が止まらないとの事です。 都の毎月1日現在の調査では3月は全ての区で前月より人口が減ったそうです。 東京23区からの転出者が増えた市区町トップ30 1.神奈川県藤沢市 2.東京都三鷹市 3.横浜市中区 4.東京都小金井市

■人生100年時代、ウィズコロナで住まい選びも変化する?!■
コロナ禍の家選びは何を重要視する?! 住宅は生活の拠点であり、どんな時代でも必要不可欠です。しかし、そのありようは新型コロナウイルス感染症拡大により、大きく変わりました。 ここ30年ほどの間にも、小さなワンルームアパートから、マンション、そして庭付き戸建て住宅でアガリと言われた「住宅スゴロク」は過去のものとなりつつあります。 新型コロナウイルスの影響により、住宅のウイルス侵入防止や換気や空調設備の重要性が高まり、現在の住宅には24時間換気システムが備えられていますが、窓の開閉による換気も適宜必要となっています。また長く快適に暮らすためには、住宅もできるだけ長持ちする仕組みが求められています。

■驚きの結果。新耐震基準の木造住宅が倒壊する!?■
先日、日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(木耐協)が驚きの発表をしました。 それは、1950~2000年5月までに着工した木造在来工法の木造住宅で、2階建てまでの住宅2万7,929棟を調査した結果、その約9割以上が「倒壊する可能性がある」又は「倒壊する可能性が高い」という結果になった、というものです。 もう少し詳しく見てみると、いわゆる「旧耐震基準」と呼ばれる1950~1980年着工の住宅については、「倒壊する可能性がある」と「倒壊する可能性が高い」を合わせると「97.4%」になります。 そして、1981~2000年築の「新耐震基準」の住宅についても、「倒壊する可能性がある」と「倒壊する可能性が高い」を合わせると、「85.9%」になります。 2000年以降築の住宅は「現行の新耐震基準」というものに該当し、今回の調査対象にはなっておりません。 この結果から・・・

■空き巣に狙われない為にも防犯対策は必須です。■
警察庁のデータによると、全国での空き巣などを手口とした侵入窃盗は2004年以降は減少傾向に転じているものの、2019年では一日あたり79件発生しており、未だに多くの住宅が被害に遭っています。侵入手口は一戸建住宅でも共同住宅でも無締り(無施錠)が1位となっています。日頃から防犯対策を講じていても、無締りでは意味がありません。侵入手口と侵入方法を知り、窓や出入口は施錠する習慣を持つなど、しっかりと防犯対策を行っていきましょう。 日頃から窓や出入口は施錠する習慣を身につけるようにしましょう。 侵入窃盗の侵入手口は

■ヴィンテージ住宅の条件■
築20年から40年の実例と専門家への取材をもとにヴィンテージ住宅の条件の記事をみつけましたのでご紹介いたします。 エコロジーの視点や高齢化社会ライフスタイルの多様化などの影響もあって近年の住宅は長く住める家に対する要望が強くなり、築年数がたっても快適に暮らせ、精神的にも満足できる価値の高い住まいの事をヴィンテージ住宅と呼ぶようです。 自宅が数十年後に”ヴィンテージ”と呼ばれる家になるには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか。 建てる段階はもちろんのこと、建ててからも住み方が大事になります。

■今後の住宅購入はSDGsを意識したエリアで住宅購入を検討する?!■
前橋市で活動する「前橋市不動産売却専門ナビ 甚不動産相談事務所」です。本日は「SDGsを意識したエリアで住宅購入」についてご案内いたします。 ■不動産売却(売る)や家探し(一戸建新築&中古)住まい探し(土地など)のお役に立ててください■ 国連の「持続可能な開発目標」(SDGs)への自治体の取り組みについて、日本経済新聞社が全国815市区を対象に調査したところ、総合評価で先進度ランキングは下記のような結果が出たようです。

■住宅購入と出産が重なると何かと大変です■
毎年春先は不動産繁忙期を言われ、この時期には不動産に関するニュースがたくさん流れます。 中にはおかしな記事も多く、何気なく目にする記事も受け取り方が非常に重要となります。 不動産に関するニュースは「何をテーマにしているか」をあえて曖昧にしているケースが多いので、ニュースタイトルだけ眺めて記事を流し読むケースが多いと思いますが、さらっと受け入れてはいけません。 今回見つけたこんな記事があります。 審査通った住宅ローン、父親の育休告げたら「お金は貸せない」と事態が一変 「まさかハードルになるとは」

■ステイホームでも効率の良いご自宅探しができる?!「オンライン仲介」をご活用下さい!■
2度目の緊急事態宣言期間となり、ステイホームでストレスが溜まっている方も多いかと思います。また、テレワークが当たり前となってきている現在、仕事環境だけでなく、あらゆる分野でオンライン化が進んでいます。最近よく耳にする、DX(デジタルトランスフォーメーション)の広がりにも目を見張るものがあります。その潮流は不動産購入にも波及しており、弊社ではステイホームしながら新しい住まい探しを可能とする、「オンライン仲介」のご提案を行っています。 ■3密を回避した『オンライン仲介』というサービスのご利用をご検討下さい。 『オンライン仲介』とは

■新様式の住宅■
コロナ禍による影響で「新しい生活様式」が提唱され、住宅の間取りにも大きく変化しています。 家族が集まる空間にウイルスを持ち込まないために創意工夫がされた住宅を検索して私が良い思ったポイントをまとめてみました。

■お願いですから耐震を軽視しないでください!■
今年も東日本大震災の日がやってきました。 木造住宅の耐震化の取り組みに携わって長いのですが、一向に進まない家屋の耐震化に己の無力さと、次の災害に対する焦りを再認識する大切な日です。 今回は旧耐震をテーマにしたいと思います。 最近信じられない風潮が蔓延しつつあります。 それは、旧耐震木造アパートを購入して、副業としてサラリーマン大家をやろうとする動きです。 賃貸に出す物件なので、当然イニシャルコストは低ければ低いほど良いとされます。 中にはリフォームをけちってDIYで見た目だけ良くするような事例も紹介されていたりします。 部屋を貸すということは、たとえ個人であっても事業主という扱いです。 建物に対する責任は所有者である大家にありますから、地震などの災害時には当然ながらその責任が問われることになります。

さらに表示する

●JINOFFICe株式会社    本社●

〒379-2152 群馬県前橋市下大島町742-3

 

●甚不動産相談事務所● 

無料通話0120-864-441各店舗共通

◆前橋OFFICE      

〒379-2152群馬県前橋市下大島町742-3     

◆伊勢崎OFFICE     

〒379-2212群馬県伊勢崎市堀下町1298-20