不動産取引ガイド・購入

中古物件を売却しているケースでは、売り主様がお住まいのまま売却していることが圧倒的に多いです。 その物件は、売主様が長年住んでいたわけですので、その物件のことについては当然売主様が誰よりも知っているものです。 ですから、私は買主様の代わりにいろいろ売主様に質問をします。皆さんも気になることは聞いてみましょう。

火災保険というと火事の場合に支払われる保険なので、『うっかり事故』に対しては保険金は支払われないものだと思っていませんか?火災保険は『うっかり事故』も含め幅広いリスクに対応できる保険商品です。火災保険に加入する際は、いざという時に困る事のないよう、補償内容をしっかり把握して加入される事をお勧めいたします。

「建築条件付き土地」というものをご存じでしょうか。 土地の販売チラシを見るとたまに記載されていることがあります。 建築条件付き土地とは 「建築条件付き土地」とは、土地を購入した場合でも、売主から「指定の建築会社」と「指定の時期」までに「建築請負契約」を結ぶことを条件とされている土地です。 つまり、土地を購入した後でも自分で建築会社を選ぶことができない、ということになります。

顕在化する所有者不明土地問題 不動産関係で大きな問題となっているのが、空地・空き家問題です。 この問題の要因の一つに、「所有者不明土地」があります。 名義の書換えが長いこと放置され、現在の所有者が誰かわからなくなってしまっている土地です。 この問題の解決のため国が実験的に行っている施策として、「所有者不明土地対策の推進に向けた先進事例構築モデル調査」というものがあります。 これは、所有者不明土地対策に関して、地方公共団体やNPO、民間事業者等が単独もしくは連携して行なう地域福利増進事業などの実施に係る先進的な取り組みに対し、その実施に要する費用の一部を国の直轄調査を通じて支援する、というものです。 ポケットパークの整備 今回この先進的な取り組みに、福岡県筑紫野市の団体が提案したモデルケースが採択されました。

検査済証とは 建築基準法で定められた「建築確認、中間検査、完了検査」の3つがすべて完了し、その建物が法律の基準に適合していることが認められたときに交付される書類です。 こういった建築過程の検査は、建築物の安全性等の確保を目的とする制度で、住宅など一定の建物を建築しようとする場合は、この検査が義務付けられます。

不動産屋と聞いて、どんなイメージをお持ちになるでしょうか? 「ガラが悪い」「営業がしつこい」「悪徳」「騙される」などのイメージはお持ちでないでしょうか。 不動産の営業マンが主人公になっている漫画が人気のようですが、不動産業界のブラックな部分が赤裸々に描かれていて、業界のイメージが悪化しないか心配になってしまいます。 先日、不動産事業者向けに、「職業倫理(コンプライアンス)確立に関する報告会」が開催されたというニュースがありました。 こうした報告会が開催されたことがニュースになってしまう時点で、業界に対する倫理欠如のイメージの表れかと思います。 実際、利益優先とされがちなビジネスモデルや、数字優先の営業スタイルについて様々な報告があったようです。

色がもつ力と体に与える影響とは? 部屋の色や組み合わせによって見た目の印象が変わるだけでなく、どのような配色にするかによって、 楽しい気持ちになったり、寒く感じたりと、気分や体感温度にも影響を受けることがわかっています。 例えば、赤やオレンジ、ピンクなどの暖色系でまとめられた部屋は暖かい印象を受けます。 一方、青やネイビー、水色などの寒色系でまとめられた部屋は、さわやかで涼しげな印象に感じると思います。 色は、私たちは暖かさや涼しさという印象を感じとるだけでなく、身体にも影響を受けているのです。

天井カセット型エアコン・マルチエアコンが設置されているマンションは、一般の外付けのエアコンに比べて高額な修繕費用が発生するリスクを抱えています。 天井カセット型エアコンは、天井に埋め込んで設置され、エアコンを目立たなくさせたり、4方向から送風できたりするので温度ムラができにくいなどの利点があります。 一般的には、高級マンションのリビングなどの空間ボリュームの大きいところに設置されています。 デメリットは・・・

住宅購入を検討しようとする方は、まずポータルサイトなどから物件を見始めることが多いと思います。 そして、その後不動産会社へ問い合わせもしくは直接行き、内見ということになっていくのですが、そもそも購入した方はどのくらいの件数を内見して購入物件を決めたのか気になりませんか? 賃貸の時は2~3件で決めたという方もいらっしゃると思いますが・・・

住宅関係の雑誌で、見つけた「収納」がありましたのでご紹介します。

さらに表示する

●JINOFFICe株式会社    本社●

〒379-2152 群馬県前橋市下大島町742-3

 

●甚不動産相談事務所● 

無料通話0120-864-441各店舗共通

◆前橋OFFICE      

〒379-2152群馬県前橋市下大島町742-3     

◆伊勢崎OFFICE     

〒379-2212群馬県伊勢崎市堀下町1298-20