不動産取引ガイド・売却・購入

■自宅(不動産)を買う前に「想定外」の離婚に備える?!■
■ 自宅(不動産)を購入する際に、「想定外」となる離婚時の事を把握しておく?! 結婚、出産を機に自宅(不動産)購入をされる方が非常に多くいます。しかし、日本の離婚率は約35%前後になっており、2019年度の厚生労働省の調査によると離婚件数は約20万9,000件にものぼります。 一方、婚姻件数は約59万9,000件にものぼりますが、3組に1組の夫婦が離婚しているというのが現状です。 離婚の理由は様々ですが、夫婦はなぜ離婚の道を歩むのでしょうか。どんなに仲の良い夫婦でも離婚する可能性はありますし、仮に離婚した場合、夫婦で築いて自宅(不動産)はどのような手続きが必要となるのでしょうか?!今回は自宅(不動産)を所有する際に住宅ローンを組んだケースと共有名義のケース、売却する際の注意点を解説したいと思います。 最近は都心部を中心に不動産価格が上昇をしており、住宅ローンのペアローンを組んで、持ち家を夫婦共有名義とするケースも増えていると思います。その際、住宅ローン控除や売却時の税金にかかる特別控除を夫婦で受けられるメリットがあるのに対して、離婚して財産分与の対象となった場合、現預金と違って手間が

■実家の空き家問題■
実家をでて自分たちの家を持ち子育ても一段落するころには相続で実家の今後を考えなければならない時期がきます。 空き家をそのままにする理由アンケートによると以下の通りです。 1位 解体には費用がかかるから 2位 思い入れがあって手放せない 3位 将来的に使う可能性があるから 4位 本当は売却したいが価値がなく引き取りてがいない 5位 資産価値をなるべく維持しつつ実家を残したい 6位 めんどくさくて考えたくない 7位 更地にすると固定資産税が上がるから 8位 他の用途で利用する可能性がある 9位 その他 このまま空き家を放置しておくと大きなリスクがあるようなので調べてみました。

今回、マンションから戸建て住宅への買い替えの方の事例をご紹介させていただきます。今回のお客様は、2回目の住宅購入の方であり、その2回目の住宅購入は資産価値を考えて甚不動産相談事務所での購入を検討されていました。見つけた物件は築25年の木造住宅で外壁や基礎にひび割れがあり、不安な状況。

結婚を機に不動産を購入される方も多いですが、近年では3組に1組が離婚すると言われています。 離婚の際に悩ましい問題の一つが不動産の処理についてです。 学校に通っているお子様がいるご家庭などの場合には、ご夫婦のどちらかがお子様と一緒に住み続ける、という判断となる場合が多いようです。 転校などでお子様の生活環境を変えたくない、というご希望ですね。 こうした場合には、不動産の名義をどうするか、という問題が生じます。

実はこっそり、甚不動産相談事務所の売却エージェントが不動産売却のご相談を受け付けています。 「売却価格は1円でも高く」「しかも迅速に」売却を実現したいと考えられる方は多いと思います。 しかし、市場には「良い物件」と「そうでない物件」が混在しており、今の不動産業界は「良い物件」が「悪い物件」に足を引っ張られるといった状況が多くあります。 その結果、本当は価値ある住宅や不動産がその価値を見過ごされて売却されています。私たちの売却活動の最大の特徴は「住宅の良し悪しをつまびらかにし、良い住宅の価値を見出す」点にあると考えています。 売却活動こそ、不動産事業者による差が大きくなると考えていますので、「不動産の資産性を正確に把握できる」その技術こそが、売主の皆様の最大利益であると信じてやみません。

ー JIN group ー

 

●JINOFFICe株式会社    本社●

〒379-2152 群馬県前橋市下大島町742-3

 

●甚不動産相談事務所●

無料通話0120-864-441各店舗共通

◆前橋OFFICE      

〒379-2152群馬県前橋市下大島町742-3     

◆伊勢崎OFFICE     

〒379-2212群馬県伊勢崎市堀下町1298-20 

 

●合同会社koncept●      

〒371-0844群馬県前橋市古市町一丁目11-12ヒラタビル2階