■土地の利用を制限する地役権■
お住まいの重要事項説明を受ける際に注意すべきチェックポイント解説、今回は地役権についてです。 他人の土地を通行する地役権 賃借権や地上権と同じように、土地所有者の利用が制限されてしまう権利として「地役権」というものがあります。 地役権の内容で代表的なものは、「通行地役権」です。

■ 大雨に警戒 屋内避難のポイントは?■
今年は、沖縄・奄美から東海地方にかけて、平年より早い梅雨入りとなり、四国や近畿など記録的に早くなった所もありました。 6月から7月にかけて、梅雨前線の活動が活発になりやすいため、九州から関東では局地的な大雨となる恐れがあります。 早めに大雨への備えを必要としておくことが大切です。 災害をもたらす雨の降り方とは

■住空間の快適さは家が実現するわけではありません■
せっかく住宅購入するのだから快適な住空間にしたい! オシャレでスッキリした生活を実現したい! 誰もが思うことだと思います。 下記のリンクはLIFULLHOME’Sのリノベーション事例ですが、素敵な部屋ばっかりですね。 カフェ風が特長のリノベーション事例

■不動産購入時に把握したい『火災保険』の補償範囲とは?!■
不動産購入をご検討いただいている方にぜひ、把握をしておいて欲しい『火災保険』について解説をしたいと思います。近年は豪雨による洪水や土砂災害などの被害が増えており、住宅購入後の万が一の備えとして『火災保険』があります。勿論、自然災害で自宅に被害があったときには火災保険の有無によって補償対象の範囲も分かれます。 ■ そもそも『火災保険』とは何の事でしょうか?!

■スマートシティ実例の紹介■
スマートシティとは、 国土交通省は「都市が抱える諸問題に対して、ICT等の新技術を活用しつつ、マネジメント(計画・整備・管理・運営)が行われ、全体最適化が図られる持続可能な都市または地区」と定義しています。 先日・・・

■賃借権と地上権の違い■
お住まいの重要事項説明を受ける際に注意すべきチェックポイント解説、今回は借地についてです。 借地の種類についても注意しましょう 土地の権利が「借地」になっている場合には、その借地の内容が何か、という点にも注意が必要です。

■担保評価が低くなる土地■
住宅ローンの事前審査では、実質的にまだ物件が決まっていないことも多く、担保評価まで 行なわれないことも多いです。(金融機関による) 銀行は、金利設定などの融資条件を決める前提として、担保物件の評価をします。 このため、物件によっては予算額が借りられなかったとか、想定していた金利よりおも高くなった、ということが起こってきます。そうなると、そもそも資金計画がくるってしまうという、困った事が起こります。そこで、評価が下がりそうな物件については、事前審査で担保評価も依頼する事があります。

■災害発生時の避難情報・避難指針が変わりました!■
2019年に発生した台風19号等による甚大な被害を受け、災害対策基本法が2021年5月20日に改正施行されました。これに伴い、「避難情報に関するガイドライン」もあわせて改正されています。 今回は、ガイドライン改正によって自然災害発生時の避難情報と避難行動がどのように変わったのかをみていきます。 避難情報はどう変わったのか?

■マイホーム購入はコロナで変わったのか?■
「今さらですか?」 とある記事を読んだ感想です。 コロナで変わる「マイホーム購入」、住宅市場の新トレンドとは

■不動産購入前に把握したい、セカンドライフの資金?!「2000万円問題」とは?!■
定年退職で家計の行方がわからなくなり、夫婦で不安を抱えて過ごしています。友人らは「何とかなるものだ」と言うのですが、老後に必要な資金の見当がつきません。(50代男性) 不動産購入を検討されている方向けにこのような記事を書く事に抵抗を覚えますが、数十年後には必要な老後資金の問題、「2000万円問題」について解説をしたいと思います。

さらに表示する

●JINOFFICe株式会社    本社●

〒379-2152 群馬県前橋市下大島町742-3

 

●甚不動産相談事務所● 

無料通話0120-864-441各店舗共通

◆前橋OFFICE      

〒379-2152群馬県前橋市下大島町742-3     

◆伊勢崎OFFICE     

〒379-2212群馬県伊勢崎市堀下町1298-20 

 

●合同会社koncept●      

〒371-0844群馬県前橋市古市町一丁目11-12ヒラタビル2階